食品から乳酸菌を摂取するのは大変

高齢者の「便意がない」という状態を解消するサプリメントとしておすすめなのが、乳酸サプリです。乳酸菌を増やせば腸が動き出し、便意を生じるということから「乳酸菌を増やす食生活をすることが便秘の治療法」とよく言われますが、実はヨーグルトなどで摂取した乳酸菌は「消化液で死滅」してしまうか「腸内で細菌に排除」されてしまいます。つまり、生きた乳酸菌が含まれている飲食品を摂取しても、ほとんど効果が発揮されないという事です。

 

そもそも、乳酸菌が便秘解消に役立つというのは「乳酸菌の菌体そのもの」が効果を発揮しているからです。乳酸菌の働きは、乳酸菌自体の細胞壁に含まれている多糖類(でんぷんやセルロースetc)によって生じているものです。この細胞壁の成分を活性化する方法として、独自の製法を用いた加熱処理を施してあるサプリもあります。これにより、さらにパワーアップした乳酸菌の効果を得やすくなります。

 

男性の高齢者

便意がない人などが、乳酸菌の効果を得るために必要な1日の乳酸菌摂取量は1兆個と言われていますが、これを毎日とるのは大変です。市販の乳酸菌飲料から摂取できる量は多くても数十億個?数百個/100mlほどにしかなりません。乳酸菌飲料のみで摂取するのであれば、推薦摂取量に到達するためには10L飲まなければいけないことになります。これは明らかに水分の摂取量としては行き過ぎです。下手をすれば水毒などの症状で命にも関わります。これは極端な考え方ではありますが、乳酸菌が多いと言われている乳酸菌飲料からの摂取であっても、腸を快調にするための量を摂取するには並大抵の努力では追いつかないということになります。

 

また、高齢者の場合には若い人たちと違い「たくさん食べられない」「そもそも噛めない」「小食になりがち」など食事からの摂取量が少なく、そのことがさらに便を作り、押し出す力を弱めてしまっているケースも見られます。高齢者が便意がないという原因は、その他にも様々なことが考えられます。噛む力が弱くなって摂取量が減ったり、体の自由がきかなくなり運動量が減ったり、そのことで筋力が減ってしまったり、などして便意がない状態になるのです。

 

これらはどれか一つが原因となっていると考えるよりも、お互いが結びついて結果的に便意がないという状況を作り出してしまうことが多いです。便意がない状態が続くと、肌荒れ・腹痛・胸やけ・痔・冷え性・大腸ガンなどの危険性も出てくるので注意が必要です。特に最近心配されているのが大腸ガンになる危険性で、これは腸内に老廃物(有害物質)が長い間停滞することで腸内環境が悪化してしまうことが原因と言われています。そして、そのことが発ガンに結びついてしまう可能性を高めてしまうということです。

 

乳酸サプリで補填できる乳酸菌には、便秘を解消する効果の他にも免疫力を高めてくれるという報告もあります。高齢になると免疫力も下がってくるので、便秘解消と共に免疫力アップが期待できる乳酸サプリはおすすめです。

おすすめの漢方便秘薬

便秘になってしまうと、体が重く感じてしまったり、ニキビなどの肌トラブルも出やすくなります。また中には頭痛や憂鬱感など、体全身に様々な症状が出てしまうようです。この便意がないという状態を解消する手段には、色々な方法がありますが、ここでは「漢方便秘薬」で改善する方法を、紹介したいと思います

 

化学物質で作られた便秘薬の場合、腸の動きを活発にするような、成分を含んでいる事が多いようです。漢方便秘薬は便秘の原因となっている、症状を緩和し、根本から便秘の改善を計るのが特徴となっています。ですので、自然なお通じが期待でき、また便秘を起こしにくい体質へと、変化する作用も期待出来ます。

 

漢方で便意がない状態を改善する場合、自分の体質に合ったものを、飲む事が大切です。体質には大きく分けて5つの種類があります。

 

check まず便がコロコロと硬く乾燥していたり、味が濃い食事が好きという場合は、熱タイプと考えられます。
熱タイプの方には「桃核承気湯」という、漢方薬がお勧めです。

 

check ストレスが多く、便秘のなりやすいという場合、気の巡りが滞っている気滞タイプに、なっている恐れがあります。
気滞タイプには気の巡りを改善する作用が期待できる、柴胡が含まれた「大柴胡湯」が、良いと考えられています。

 

check 水分不足が原因で便意がない、便秘になっている場合は、血虚タイプで腸を潤す「潤腸湯」や、「麻子仁丸」が有効です。
特に「麻子仁丸」は、水分が不足し便がコロコロとなっている方や、便意がない高齢者の方に向いています。

 

check 体が冷えていて便秘と下痢を繰り返すという場合、寒タイプの体質になっているケースが多いようです。
寒ケースの場合で、便秘と下痢を繰り返してしまうという方には、「桂枝加芍薬湯」がお勧めです。
また「人参湯」は体を温め、胃腸の機能を整える作用がある為、このような症状を感じる方にピッタリな、漢方薬となっています。

 

 

このように、便秘や便意がない状態を解消できる漢方薬といっても、種類は効果は様々です。
ですので自分の体質や症状にあった、漢方薬を選ぶ事が大切と言えるでしょう。

お通じの悩みに効果的!?

  1. http://www.nyusankin-sapli.com/|乳酸菌サプリ

    乳酸菌サプリメントは、便秘やインフルエンザ、そして花粉症にも効果的。

  2. http://www.xn--hdkaq2972au87b.jp/|バナナ 便秘

    バナナのレシピで便秘が解消!ためしてガッテンでも話題のバナナ。でも、食べるタイミングってあるのでしょうか。